呼吸器外科

光岡正浩

教授

診療概要

当グループは肺、縦隔、胸膜、胸壁などの呼吸器疾患の臨床、研究、教育の3つの柱として活動しております。近年のCT、PETなど画像診断技術の発展は早期肺癌の検出率を高めています。更には医療機器の発展とあいまって、手術方法も特に胸腔鏡手術、区域切除術などで著しく進化しています。当グループでも近年では良性疾患のみならず、肺癌症例に対してStageⅠ期症例を中心に完全胸腔鏡下手術を積極的に導入しています。また、グルー プ内で独自に胸腔鏡手術の教育プログラムを導入しており、熟練者養成に力を注いでいます。一方、高齢者や重症基礎疾患を有した症例の手術も増加しています。補助人工心肺を併用した気道インターベンション治療も可能となり、現代の呼吸器外科医には、より専門的で高度な知識と周術期管理が要求されるようになってきています。高齢者手術あるいは気道狭窄や出血に対するインターベンション治療も、慎重に適応を判断して行っています。多様な症例それぞれに応じた適切な治療ができるように努めており、毎週呼吸器カンファランスを呼吸器内科および放射線科と合同で開催し、症例検討しています。同時に、EBM(Evidenced-based Medcine)に基づいた診療体系(クリニカルパス)の導入を実践することで、患者さんにやさしい医療をめざし、在院日数の短縮、治療の標準化、および効率化にも努めており、一定の評価を得ております。研究面でも、さまざまな臨床研究をはじめ、研究室では病理学、生化学、分子生物学的手法を用い、肺傷害や胸膜癒着療法の科学的解析をはじめ、癌抑制におけるサイトカインの究明など幅広く臨床に即した基礎実験を行い、成果を収めています。

手術実績

【当グループにおける過去5年間の手術件数】

  原発性肺癌 転移性肺腫瘍 良性肺疾患 縦隔
腫瘍
気胸
肺嚢胞
胸膜
疾患
(生検)
間質性肺炎
(生検)
気道
狭窄
(ステ
ント)
その他
2012年 68 22 3 14 20 7 1 0 9 144
2013年 79 27 6 15 14 6 1 1 19 168
2014年 86 19 7 18 15 1 2 2 23 174
2015年 122 27 8 17 20 2 5 4 35 240
2016年 134 17 3 35 12 3 5 3 22 234

その他手術には膿胸、胸壁腫瘍、胸膜中皮腫などの手術症例が含まれています。

近年、原発性肺癌の手術症例が増加しています。


【原発性肺癌におけるアプローチ別手術件数】


2012年11月から姫路式完全胸腔鏡下手術を本格導入して以降、肺癌症例に対する完全胸腔鏡下肺葉切除術が年々増加しています。患者さんにより低侵襲かつ安全な手術を提供すべく、グループ全体で胸腔鏡下手術の技術向上に取り組んでいます。

外科学講座を知る

  • 消化器外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • がん集学治療センター
  • 腫瘍センター
  • 医療連携センター
  • 臨床研修管理センター