トップページ > 臨床専門グループ > 心臓血管外科 > 当科での治療情報 [心臓弁膜症]

心臓血管外科

心臓弁膜症

心臓には筋肉でできた4つの部屋があり、左右の心房(血液を心室に押し込むための部屋)と左右の心室(血液を押し出すための部屋)に分かれます。左側の心室は左心室と呼ばれここからは大動脈に、右側の心室は右心室と呼ばれここからは肺動脈に血液を駆出します。左心室と右心室の流入部と流出部に血液が一方向にしか血液が流れないようにする弁と呼ばれる構造が計4つあります。通常はこれら4つの弁が閉鎖した際には血液の逆流はほぼゼロでまた弁を通過する際の抵抗もほぼゼロです。

弁膜症とは

これらの4つの弁に機能障害がおこると体に悪影響が出現することがあります。機能障害は各弁尖に出現する可能性があり、基本的には血液が本来戻らないはずの方向に逆流してしまう閉鎖不全症と、血液が本来の流れの方向に向かうが、血液が弁を通過する際の抵抗が大きく通過しにくくなってしまう狭窄症と呼ばれる状態があります。1つの弁だけでなく、同時に2つや3つの弁に障害が及ぶこともあり、これらを連合弁膜症と呼んでいます。

弁膜症の症状は?

軽度の弁膜症は症状が出現しないことも多々あります。弁膜症が進行してくると顔や手足のむくみが現れたり、坂道や階段を上ったりしたときに息切れを感じるようになったり、また胸痛が出現したり、ふらつきや意識消失が出現したりすることもあります。横になると呼吸が苦しくなり横になれない状態になることがあり、この場合は重症です。まれに突然死することもあります。

弁膜症を発症すると心臓にも大きな負担がかかり、不整脈を合併することもあります。一般的には弁膜症はゆっくり進行することが多いですが、急に進行した場合は急激に症状が進行し、重症化することがあります。

弁膜症の治療

弁膜症は症状が内服治療でコントロールできる場合は内服治療を行うことが多いですが、基本的には内服で弁自体の障害が治るわけでないので内服治療で十分な場合とそうでない場合があります。手術は内服で症状がコントロールできない場合や、症状がコントロールできてもそのまま弁の機能不全の状態が長く続くと手術後の心機能の改善効果が乏しくなると思われる場合に行う場合が多いです。弁膜症の手術には基本的には人工心肺という機械が必要であり、この機械の使用下に自分の弁を修復するか、自分の弁を切除し、人工的に作った弁を植え込むこととなります。



弁形成術

自分の弁を修復できる場合は修復を試みることが多いです。これを弁形成術といいます。弁が少し硬くなり弁の開きが悪い場合は弁口をメスで大きく切り開き開口面積を増やすことがあります。しかし弁の柔軟性が乏しいと血液の通過障害が残ったり、手術後の逆流が起きやすかったりします。弁の一部が障害されているために逆流を生じている場合にはその部分を切り取って縫い縮めたり、壊れている構造をもとに戻す治療をしたりします。一般的に弁形成術はうまくいけばほとんど制約のない日常生活が送れるようになりますが、多少の病変が残ることがあり、将来、再手術が必要になる場合もあります。



人工弁置換術

人工弁置換術では術後の弁の働きは弁形成術よりも安定します。しかしその反面、血栓弁や人工弁不全等の問題が起きることがあります。
人工弁には金属やカーボンでできた機械弁と呼ばれる種類(図1)と、牛の心臓を覆っている膜や豚の心臓の弁を加工して作られた生体弁と呼ばれる種類(図2)があり、それぞれの特徴があります。機械弁の素材そのものは非常に丈夫で耐久性は非常に高いですが、血液や体の組織により弁の動きが制限され機能不全を起こすことがあります。

このためワーファリンという血液をサラサラにする薬を、量を定期的に加減しながら飲み続ける必要があります。生体弁は血液が固まって機能不全を起こすことはまれで、基本的にはワーファリンという薬の内服は必要ありませんが、弁そのものが徐々に劣化していくため10年から20年で再度手術が必要になることがあります。

当院の弁手術の特徴

当院における大動脈弁の人工弁置換術症例数は図3のグラフの通りとなっており、僧帽弁手術を含め多数の弁関連手術を施行しております。
また手術成績も非常に良好です。当院では弁置換術、弁形成術に関する研究が非常に盛んで海外の学会にも多数参加し発表をおこなっており、また世界の一流雑誌にも多数の論文が掲載されています。当院の最近の研究により以前には困難であった術前に心機能が非常に低下した症例の術後心機能予測が世界に先駆けて可能となりました。
今後も当院の心臓血管外科は世界に向けて最新の研究結果を発表していく予定です。

※ 画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

当科での治療情報

  • 冠動脈疾患
  • 心臓弁膜症
  • 重症心不全/体外循環/補助人工心臓
  • 集中治療部
  • 血管外科
  • 胸部大動脈
  • ステントグラフト
  • 末梢血管

外科学講座を知る

  • 消化器外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • がん集学治療センター
  • 腫瘍センター
  • 医療連携センター