トップページ > 臨床専門グループ > 消化器外科 > 大腸グループ

消化器外科

大腸グループ

センター概要

下部消化管グループでは、小腸・大腸・腸間膜の外科領域の全て疾患を担当しております。 特に大腸癌(盲腸癌、結腸癌、直腸癌、肛門癌)、小腸癌、消化管悪性リンパ腫、消化管間葉系腫瘍などの悪性腫瘍が主な対象疾患です。また、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)や機能的な消化器疾患の治療にも積極的に取り組んでおります。

基本方針は、根治性と機能温存の両立をめざした質の高い手術を提供することです。早期大腸癌は内科のグループが高度な技術で内視鏡的治療を行っていますが、内視鏡治療のできない早期癌や、進行癌がわれわれ外科のスタッフが手術(開腹、腹腔鏡)を施行します。直近の実績は図表に示します。 私たちの教室の手術症例の特徴は直腸癌の割合が他施設よりも高いことです。直腸は骨盤内という狭い空間に膀胱、子宮、卵巣、前立腺、様々な神経などが近接しているため、結腸の手術と比べて困難なことがあります。特に肛門に近い直腸癌では肛門括約筋(排便機能に重要)を温存できず永久人工肛門が必要となることがあります。また、根治術がなされても再発率が高いという問題点もあります。この様な課題を克服するため、術前に化学療法や放射線治療を行い、手術では括約筋を可能な限り温存し、肛門や排便機能を残す努力をしています。

大腸癌を制するには転移・再発の治療と予防が必要です。私たちは遠隔(肺、肝臓などへ)転移を来たした根治切除が難しいと考えられる進行再発癌に対しても、集学治療センター(http://www.kurume-syuyou.jp/section/chemotherapy.html)や放射線治療グループ(http://www.kurume-syuyou.jp/section/radiationoncology.html)と連携し、化学療法や 放射線療法と外科手術を組み合わせた集学的治療法を行っています。さらに、久留米大学医療センターの免疫治療グループ(http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/cvc/)とも連携してペプチドワクチンの臨床試験を行い、免疫治療の開発を目指しています。

潰瘍性大腸炎、クロー ン病などの炎症性腸疾患は、基本的には薬物療法などの内科的治療をおこないます。しかし外科的切除が必要となることがあるため、内科の専門グループとの連携の下、先進的治療と手術治療を組み合わせてQOL向上に取り組んでいます。大腸全摘術や小腸部分切除にも傷の少ない腹腔鏡下手術を積極的に取り入れています。

研究

臨床にfeed back する研究を念頭におき、①大腸癌の発生、増殖・転移といった腫瘍学、②肛門機能に関する解剖生理学、③癌化学療法に関する基礎実験、特に個別化治療を目指した抗腫瘍剤の感受性試験、分子標的治療薬や抗癌剤を用いた動物実験を行っている。

手術実績

直近の大腸癌に対する術式と症例数

  2012 2013 2014 2015
年齢(中央値) 66.5
(16-85)
66
(20-90)
67
(28-87)
67
(24-89)
回盲部切除術 15 17 14 16
結腸右半切除術 12 11 11 12
横行結腸切除術 7 11 6 16
S状結腸切除術 24 35 18 36
高位前方切除術 13 8 13 13
低位前方切除術 28 27 24 34
ISR 5 3 5 7
腹会陰式直腸切断術 11 8 9 9
115 120 100 143

大腸癌 根治手術後の生存曲線

(2005年〜2012年の症例)

大腸癌 進行度別 累積5年生存率

(2005年〜2012年の症例) 

 

症例数

5年生存率

再発率

Stage 0

34 86.5% 0%

Stage 1

246 90.4% 2.8%

Stage 2

278 82.6% 16.9%

Stage 3

298 74.8% 26.8%

Stage 4

139 25.8%
995 74.9% 18.6%

外科学講座を知る

  • 消化器外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • がん集学治療センター
  • 腫瘍センター
  • 医療連携センター
  • 臨床研修管理センター