トップページ > 臨床専門グループ > 消化器外科 > 胃グループ

消化器外科

胃グループ

センター概要

1.個人個人に合わせた胃がん治療

胃がんに対する治療は鏡視下手術の技術の向上、抗癌剤治療の向上に伴い、大きく変化しつつあります。当院では内科・外科・集学治療センター・緩和ケアセンターが協力して診療にあたっています。術前精査や早期胃癌に対する内視鏡下切除(ESD, EMR)は内科で、ESD適応外症例や進行胃癌症例の手術、バイパス術などは外科で、術前・術後化学療法・切除不能胃癌に対しては主に集学治療センターで抗癌剤治療を行っています。各科が密に連携しており、癌の進行度と患者さんの全身状態を正確に評価し、最適と思われる治療法を選択しています。


2.傷がほとんど残らない低侵襲手術 完全鏡視下手術

現在、日本胃癌学会が出している胃癌治療ガイドラインでは、腹腔鏡下幽門側胃切除術は早期胃癌(cStage I)に対する日常診療の選択肢になり得るとされています。当教室では近年症例数が増加しており、リンパ節郭清・胃切除・再建まで体腔内で行い、臍部より標本を摘出する完全腹腔鏡下手術を行っています。従来の開腹術と比較しても出血量が少なく、遜色のないリンパ節郭清が可能です。



腹腔鏡

開腹

3.機能温存手術

がんの治療に問題ない範囲で残せる部分は極力残すように心がけています。そのために、通常の内視鏡、CT検査に加えて、特殊な光で観察するNBI内視鏡や超音波内視鏡検査などの特殊な検査を行い、治療前の検査をより正確にするとともに、手術の時も手術中にリンパ節などの転移を確認する術中迅速診断を積極的に行うことで、正確な病気の範囲の診断を行っています。がんの進行度や発生した場所に応じて、胃の出口(幽門)を残した幽門保存胃切除術や、胃の下半分を温存する噴門側胃切除を行っています。また、噴門側胃切除で問題となる逆流性食道炎に対する対策として観音開き法による食道残胃吻合を実施しており良好なQOLを得ています。粘膜下腫瘍に対しては腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS, NEWS)を開始し、噴門・幽門(胃の出入り口)近傍の腫瘍であっても機能温存が可能となりました。



4.研究と臨床

診断・治療にあたるとともに、同意のいただけた患者さんに関しては、新しい治療法、診断法などの臨床研究、国内の大規模臨床研究にも積極的に協力をしています。年4回のJCOG胃班会議にも積極的に参加しています。また、国内外の学術集会に積極的に参加・発表を行い、常に最新の医療を提供できるよう心がけています。

手術実績

当教室ではこの半世紀で6000例近くの胃癌切除手術を行ってまいりました。ここ数年は早期胃癌の増加と早期胃癌に対する内視鏡手術(EMR/ESD)の進歩により年間100例前後の手術症例となっております。


  2012 2013 2014 2015 2016
胃癌
胃全摘術 35 22(2) 18(1) 21(1) 23(1)
幽門側胃切除術 58(13) 54(15) 48(25) 45(31) 47(31)
噴門側胃切除術 16 1 5 10(4) 10(6)
幽門保存胃切除術 2(1) 1 1 1(1) 1
分節胃切除術 7 0 1 1 0
胃局所切除術 1 1 0 1 1
睟頭十二指腸切除術 0 1 0 0 0
胃空腸吻合術 2 2 5 6(1) 0
審査腹腔鏡 0 0 0 4 10
胃癌合計 119(14) 82(17) 78(26) 89(42) 92(48)
           
胃粘膜下腫瘍
胃局所切除術 2 3(2) 7(2) 6(3) 7(3)

           
合計
  121(14) 85(19) 85(28) 95(45) 99(51)




外科学講座を知る

  • 消化器外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • がん集学治療センター
  • 腫瘍センター
  • 医療連携センター