腫瘍センター

唐 宇飛

唐 宇飛

略歴

平成2年  久留米大学卒業
平成13年 米国国立がんセンター(NIC)

主な所属学会

日本外科学会 専門医・指導医
日本乳癌学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
検診マンモグラフィ読影 認定医

センター概要

久留米大学病院腫瘍センターは平成24年10月に新設されました。

腫瘍センターは、久留米大学病院内の診断部門、治療部門(手術部門、化学療法部門、放射線治療部門、緩和ケア部門)、情報・相談部門(がん相談支援センター、医療連携センター)、研究部門と蜜に連携し、地域がん診療連携拠点病院としての病院機能を強化するとともに、院内での情報共有を通してより円滑なチーム医療の実践を進める、いわばネットワークの要となる部署です。キャンサーボードを活用した手術・放射線・化学療法など治療方針の決定とチーム医療の充実、がん教室やがん相談支援センターではがんに関する情報の発信などがん患者さんとご家族を心身ともにサポートしています。また、がん登録と情報の利活用に力を注いでいます。 さらに、院外・地域へのがんに関する情報の窓口となり、情報還元を積極的に行うことで地域医療機関との連携を強化しています。

特に、平成28年4月に地域がん診療病院に指定された朝倉医師会病院についてはグループ指定の協力病院として緊密な連携と行っています。 以上、久留米大学病院腫瘍センターは直接患者診療は行いませんが、信頼される高度ながん医療を遂行すためには必要不可欠な部署であります。


久留米大学臨床研修管理センター

外科学講座を知る

  • 消化器外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • がん集学治療センター
  • 腫瘍センター
  • 医療連携センター
  • 臨床研修管理センター