TREATMENT

消化器外科・呼吸器外科

<手術支援ロボット「ダヴィンチ」>

ロボット支援下手術(ダヴィンチ手術)のご案内

これまでの腹腔鏡下手術の利点をさらに向上させうる次世代の医療技術です。ロボットと言ってもAIがメスを持って勝手に行うものではありません。“外科医による腹腔鏡下手術をコンピューター制御で支援するロボット”になります。われわれが使用する手術支援ロボットは、intuitive surgical社の“da Vinci(ダヴィンチ)”です。ダヴィンチを用いることで、外科医は自然な奥行き感が得られる立体的な画像を見ながら、手ブレ防止機能と術者の思った通り自由に曲がる多関節鉗子を操って、複雑で細やかな動きをすることができます。このため、従来の腹腔鏡下手術と比べて、より繊細で安全性の高い手術治療が期待されています。 詳細は当科ホームページ、もしくは大学病院ホームページをご覧ください。

  • ダヴィンチ手術
  • ダヴィンチ手術
  • ダヴィンチ手術
  • ダヴィンチ手術

ロボット手術(ダヴィンチ手術)の保険適応について

2018年4月よりダヴィンチの保険適用範囲が大幅に拡大されました。当院外科学講座では2018年2月より同手術を導入しております。保険適用のダヴィンチ手術の費用については、限度額適用認定証をご提示の場合は、病院窓口での負担額が限度額までの金額となります。以下の疾患に対して保険診療にて行っております。詳しくは各診療科にご相談ください。

<実績>

大腸グループ

大腸グループ

手術実績: 40例(2020年12月現在)
保険適応
疾患・術式:
直腸癌
(低位前方切除術、ISR、APR)
胃グループ

胃グループ

手術実績: 100例(2020年12月現在)
保険適応
疾患・術式:
胃癌
(幽門側胃切除術、胃全摘術、噴門側胃切除術)
呼吸器グループ

呼吸器グループ

手術実績: 20例(2020年12月現在)
保険適応
疾患・術式:
肺悪性腫瘍
(区域切除術、葉切除術、全摘術)、縦隔腫瘍、重症筋無力症に対する拡大胸腺摘出術
ホーム
臨床について
ロボット手術 da Vinci